FC2ブログ

シェーンベルクと秩父高校

A・シェーンベルクと秩父高校。

思わぬ共通点があったりすると、途端に親近感が湧くことありますよね。
この間の男女共同参画講演会でもお話したことなのですが。

私の母校、秩父高校の校歌の作曲は入野義郎(1921~1980)です。入野さんは戦後の日本にシェーンベルクの作曲の仕方を紹介した作曲家として知られています。子供のための作品にもシェーンベルクの十二音技法を用いた曲などもあります。

下の写真は1950年代後半の第1回現代音楽祭の写真。前列右が入野義郎。左隣は諸井誠(祖父が秩父セメント創業者)。ここにも秩父との接点が!後列右から岩淵龍太郎、黛敏郎、吉田秀和、森正、前列左端は柴田南雄の諸氏。
すごい面々です。
DVC00791_20180731095058060.jpg

入野義郎がコンビを組んでいたのが詩人で小説家の中村真一郎(1918~1997)。当時、入野義郎は中村真一郎とよくコンビを組みテレビやラジオ番組の音楽を担当していたのだそう。ニ世代前なら山田耕筰と北原白秋みたいな黄金コンビですね。
ちなみに、秩父高校の校歌も入野義郎&中村真一郎コンビです。

中村真一郎は今年生誕100年。東宝の怪獣映画「モスラ」の原作者の一人なんですよ!(もう二人は堀田善衛、福田恒存)。
秩父高校出身の皆さん、少しシェーンベルクが近くなった気がしませんか???(笑)

私のスタジオには、カンディンスキーの絵がありますが、カンディンスキーの友人がシェーンベルク。
そのようなお話も秩父高校の生徒さんにしています。

■8月11日(祝) ゴルトベルク、ベルク、シェ―ベルク~3つのbergからの眺め~高橋望ピアノリサイタルon山の日
[ところ] すみだトリフォニー小ホール
[開演] 15時
[出演] 高橋望(ピアノ)
[曲目] ベルク ピアノソナタop.1、シェーンベルク 3つのピアノ小品op.11、シェーンベルク 6つの小さなピアノ小品op.19、バッハ ゴルトベルク変奏曲BWV988
[チケット] 3,000円(全席指定)
[チケット発売日] 2018年05月20日(日)
[Webサイト] チケット購入 
[主催] すみだトリフォニーホール
[お申込み・お問合せ] トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212


髙橋望/平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲のCD
HMVタワーレコードアマゾン、山野楽器など有名レコード店、楽器店で販売中!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する