FC2ブログ

ホロヴィッツの協奏曲ライブ集

DVC00792.jpg

ホロヴィッツのライブ集。しかも協奏曲だけ4枚組。

チャイコフスキーが4種類も(トスカニーニ、ワルター、クーセヴィツキ―、バルビローリ)!
ラフマニノフ3番が2種類(バルビローリとスタインバーグ)
ブラームス1番が2種類(トスカニーニとワルター)


意外にホロヴィッツの協奏曲レパートリーは多くなかったのかなと思います。
上記以外だとモーツァルトは23,27番、ベートーヴェンは皇帝、くらいでしょうか。

ブラームス1番のワルター盤とかオケを振り回しつつ、猛ダッシュな演奏。これはこれですごいです。とにかく弾きまくる。前進あるのみ!突進あるのみ!
トスカニーニとのブラームス1番も高速テンポですが、正確!これは凄い!当時(1936年)この演奏はかなり革新的だったと思います。

ラフマニノフ3番は、70年代後半のオーマンディやメータとのものより、自然体の演奏でロマンティシズムあふれる演奏です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する