FC2ブログ

ティーレマン指揮バイロイト祝祭管弦楽団の第九(2001年ライヴ)

29186626_1655520091203164_6188569598533785057_n.jpg


ティーレマン指揮バイロイト祝祭管弦楽団の第九(2001年ライヴ)。久しぶりに聴きなおしてみましたが、ものすごい演奏ですね。
1951年にバイロイト音楽祭が戦後はじめて開催された折、フルトヴェングラーが第九を指揮したことにちなみ、それからちょうど50年後の2001年にも同じ第九の演奏会があったのですが、その時のライブ。
フルトヴェングラーの唸る、走る、粘る!演奏も魅力的ですが、こちらも負けていないです。ダイナミクスの幅の広さ、各声部の音色の変化の妙など、細かい点がよくCDに入っています。R・ホルのバスソロは、鳥肌もの。
ソプラノはエミリー・マギー、テノールはディーン・スミス、とこの年のマイスタージンガーの主要歌手が第九のソリストを務めています。まさに、マイスタージンガ―!
私は2002年のマイスタージンガーは現地で聞いており、やはりこの面々でしたので懐かしさもあります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する