FC2ブログ

クルレンツィスの「コジ・ファン・トゥッテ」

DVC00514.jpg

クルレンツィスとムジカエテルナによるモーツァルトのオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

特に第1幕のフィナーレが面白かったです。どんどん場面、表情が変わっていくその目まぐるしさ。

歌手は、どの役も軽く、あっさりした歌唱で、鳴らさない声。声帯がビリビリいわずに、喉を空気がサッと通って出来たというか(うまく言えない)。どの歌手も初めて聴く名前の方ばかりです。

歌手とのアンサンブルというより、クルレンツィスが主導権を握り、歌手がアタフタしながらついていくような感じのところもあるように思いましたが、これはこれで面白く、クルレンツィスの強力なパワーをここでも感じました。音価を短くする傾向があり(特に付点音符)、切れはよく、軽やか。

木曜日のイベントが待ち遠しいところです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する