「ウィーンフィル~コンサートマスターの楽屋から」(W・ヒンク著、アルテスパブリッシング)

25396253_1568775156544325_1908096960028267952_n.jpg

「ウィーンフィル~コンサートマスターの楽屋から」(W・ヒンク著、アルテスパブリッシング)

読みました。名手の経験談は楽しい読み物です。
共演した指揮者の中で、まずはクライバーが挙がっていました。「うんうん、そうだろそうだろ」とやけに上から目線?で読んでしまいました。クライバーはナマで聴いていませんが、ヒンクさんの話を読んでも共感するところ大きいです。

またベームの話も興味深いです。R・シュトラウスをやらせてあんなにうまい指揮者はいないと。
他にも読みどころが満載です!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する