東京フィルハーモニー管弦楽団 第110回オペラシティ定期演奏会

東京フィルハーモニー管弦楽団 第110回オペラシティ定期演奏会へ行ってきました。
リストの前奏曲とピアノ協奏曲第1番、後半はブラームスの交響曲第4番。
指揮は渡邊一正さん、ソリストは阪田知樹さんでした。

前半のリストの両曲は久しぶりに聴きました。特に、P協奏曲は、最近あまり演奏会のプログラムにあがらなくなったイメージがありますがどうでしょうか?阪田さんは爽やかでしかも美しい音で演奏していました。好感の持てる演奏でこれからが楽しみですね!
アンコールはカンパネラの聞いたことない版?(笑)でした。

ブラームスの4番は、色々気になって最近聞き比べしていたので興味をもって聞きました。テンポの関連性など指揮者の意図がわかる演奏で、なおかつオーケストラの自然な流れに任せた演奏だったと思います。

DVC00054.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する