カラスのルチア

トラヴィアータを久しぶりに聴き、イタリアオペラ再熱!(笑)カラスで聴いたので、カラスを軸に棚にあるCDを聞き返し始めましたが、バッハとバッハとバッハをやっていたので、すごく新鮮。ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」は、好きなオペラの一つ。ということで、カラスのルチア。エドガルドはクラウス!リスボンライブです。私は第1幕のアリアが大好きです。泉を象徴したハープの前奏を聴いただけでウットリ(笑)、でその泉に...

パレルモ・マッシモ劇場「ラ・トラヴィアータ」

パレルモ・マッシモ劇場の来日公演で、ヴェルディの「ラ・トラヴィアータ」を見てきました(6月21日オーチャードホール)イタリアは主な劇場は見てまわったことがありますが、パレルモは未だ。でした。カリアリ、バーリも未だ。ミラノ、ジェノヴァ、トリノ、フィレンツェ、ローマ、ラヴェンナ、ぺーサロ、ヴェローナ(夏)、レッジョ・エミーリア、ボローニャ、パルマ、ナポリは公演に接しています。ヴェネチアはあのころまだ再建...

カラスのトラヴィアータ

久しぶりにCDでヴェルディを聴きました。トラヴィアータ(椿姫)。マリア・カラス盤です。カラス盤もいろいろありますが、これはアルフレード・クラウスのアルフレードが聴きたくて買ったものでした。1958年のリスボンライブ。トラヴィアータってこんなに短かったっけ?と思うくらい、次から次へと名旋律が出てきてまるでガラコンサートですね。パルジファルとか、トリスタンとか神々の黄昏とか普段聞いているとやけに短く感じる。...

東京フィルハーモニー管弦楽団 第110回オペラシティ定期演奏会

東京フィルハーモニー管弦楽団 第110回オペラシティ定期演奏会へ行ってきました。リストの前奏曲とピアノ協奏曲第1番、後半はブラームスの交響曲第4番。指揮は渡邊一正さん、ソリストは阪田知樹さんでした。前半のリストの両曲は久しぶりに聴きました。特に、P協奏曲は、最近あまり演奏会のプログラムにあがらなくなったイメージがありますがどうでしょうか?阪田さんは爽やかでしかも美しい音で演奏していました。好感の持てる演...

シノーポリのブルックナー5番

これ、チケット買ってあったのですが、イタリア滞在が延びてドレスデンに帰る日が一日遅くなり聞けなかった演奏会のライブ録音。久しぶりに聴いてみて(ヴァント&ベルリンフィルのCDをずっと聞いていたので比較に)多少テンポが変わってしまうことを除けば堂々たる演奏だと思いました。特に第1楽章がイイですね。弦楽器の響きもまろやかで、ノーブル。マッチョな響きには決してならずに歌い上げています。第4楽章は、全体の起承転...