フリット―リ&リチトラ&ムーティのイル・トロヴァトーレ

今日はこちら。2000年12月のスカラ座でのライブ公演盤。ムーティの指揮、マンリーコにサルヴァトーレ・リチトラ、レオノーラにバルバラ・フリット―リ、ルーナ伯爵にレオ・ヌッチ、アズチェーナはヴィオレッタ・ウルマーナとこの時ではベストといえるキャスティングだと思います。拍手も入っているので会場の熱気も伝わってきます。第3幕のマンリーコのアリアで、お決まりのハイCを避け楽譜に忠実に歌っているのはムーティの指示だ...

カラス&ステファノ&カラヤンのイル・トロヴァトーレ

ヴェルディのオペラの中では、「イル・トロヴァトーレ」が特に好きですあらすじを知らなくても楽しめるくらい、次から次へと名旋律が繰り出されて、楽しい!イタリアオペラはこうでなくては!で、久しぶりにカラスの名盤を取り出して聴いています。第1幕のカバティーナのウマさ。半音ずつ上がっていく旋律の歌い方。音程の取り方。魅力的です。すごいな~。ルーナ伯爵のパネライも迫力、高貴さが十分。第1幕の幕切れなどいいですね...

ホロヴィッツの協奏曲ライブ集

ホロヴィッツのライブ集。しかも協奏曲だけ4枚組。チャイコフスキーが4種類も(トスカニーニ、ワルター、クーセヴィツキ―、バルビローリ)!ラフマニノフ3番が2種類(バルビローリとスタインバーグ)ブラームス1番が2種類(トスカニーニとワルター)意外にホロヴィッツの協奏曲レパートリーは多くなかったのかなと思います。上記以外だとモーツァルトは23,27番、ベートーヴェンは皇帝、くらいでしょうか。ブラームス1番のワルター...

アムランのリサイタル

2015年のショパンコンクールで第2位になったアムランのリサイタル。ご招待いただき土曜日の午後に聞いてきました。満員御礼と看板が出ていました。すごい人気です。即興曲全4曲、バラード全4曲をメインにしたショパン・プログラム。確かな技巧で美しい音色、正統派の演奏。貫禄さえ感じられました。アンコールでバッハのアリオーソ弾いていましたが、美しかった!終演後は、お世話になっている方と横浜中華街へ繰り出し、中華料理...

オペラ「ホフマン物語」

好きなんです。オッフェンバックの「ホフマン物語」ウィーン国立歌劇場の公演。ビリーの指揮ルッジェーロ・ライモンディが悪魔四役をやり、サッバティーニがホフマン、オランピアがナタリー・デッセイ。デッセイのアリアのあと、客席万来の拍手。あの興奮は、今まで味わった中で一番でしょうか。で、久しぶりに聴いたCDは、ケント・ナガノ指揮リヨンオペラの盤。ホフマンを歌うロベルト・アラーニャ、すごいですね。クライングザッ...