写真が。。。

ピリスのリサイタル。どの曲も堪能しました。テンペストの第1楽章の長いペダルの妙技。111の第2楽章の天上の響き。自由闊達なモーツァルト(特に333)。陰影に満ち満ちたシューベルト。特に142-3はゾッとさせる部分もあり、深みを感じました。アンコールの3つの小品の第2番の美しかったこと。そして、ピリス氏のFBに、当日の写真が!写っています!ワタシはどこでしょう?!...

八代亜紀プレミアムナイト

ブルーノート東京で、八代亜紀プレミアムナイトにお誘い頂きました!なんでも、8年4月6日なので、八代さんの日なんだそうです(笑)演歌から、ジャズ、ロックまで楽しかったです!...

ティーレマン指揮バイロイト祝祭管弦楽団の第九(2001年ライヴ)

ティーレマン指揮バイロイト祝祭管弦楽団の第九(2001年ライヴ)。久しぶりに聴きなおしてみましたが、ものすごい演奏ですね。1951年にバイロイト音楽祭が戦後はじめて開催された折、フルトヴェングラーが第九を指揮したことにちなみ、それからちょうど50年後の2001年にも同じ第九の演奏会があったのですが、その時のライブ。フルトヴェングラーの唸る、走る、粘る!演奏も魅力的ですが、こちらも負けていないです。ダイナミクスの...

上岡敏之指揮新日本フィルの演奏会

上岡敏之指揮新日本フィルの演奏会。平和コンサートの一環でした。上岡さんはヴィーズバーデンの音楽監督だった頃、ヴィーズバーデン州立オペラまで「タンホイザー」を聴きに行き、それ以来のファン。今日のプログラムは前半がドヴォルジャークのヴァイオリン協奏曲イ短調。ヴァイオリンは大江馨さん。この曲苦手だったんです。脳裏に曲が残らない。ベルリンフィルにアーノンクールが来演して、ツェートマイア―がこれを弾いたこと...

クルレンツィス&ムジカエテルナのキックオフイベント@すみだ

クルレンツィス&ムジカエテルナのキックオフイベント。たまたま話題の「悲愴」を初めて聴いていた日の夕方に招待状が届いたので、これは縁という他ないと思い行ってきました!ドキュメンタリーも上映されましたが、クルレンツィスに情熱的という言葉を超え一種の狂気すら感じました。また地方都市にじっくり腰を落ち着けて、自分の音楽に集中している姿も印象に残りました。そしてペルミのオペラハウス美しいこと!ペルミという町...