FC2ブログ

今後の演奏会のお知らせ

「音楽の友」3月号にて、ゴルトベルク変奏曲2019の批評が掲載されています。「音楽現代」3月号にて、特集「今、昇龍ピアニスト」に掲載されています。ディスクレビューでは、平均律クラヴィーア曲集のCDが推薦盤に選ばれました。最新CD発売のご案内音で描く森羅万象J.S.バッハ・平均律クラヴィーア曲集第1巻(2CD)CD2枚組:3500円録音:2017年6月&11月 相模湖交流センターピアノ:ベーゼンドルファーM275[お申込み]タカハシサ...

【チケット発売開始!】ゴルトベルク変奏曲2020 髙橋望によるバッハの世界

恒例のゴルトベルク変奏曲のリサイタル。本日より発売開始となりました!勉強会と併せて皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。2020年1月18日(土) ゴルトベルク変奏曲2020[ところ] 東京文化会館小ホール[開演] 14時[曲目] バッハ ゴルトベルク変奏曲[チケット] 一般 3,000円 学生500円 全自由席 発売中![プレイガイド] 東京文化会館チケットサービス(お申込みは➡こちら または03-5685-0650へ)イープラス(お...

<自然に学ぶ音楽 x 数学>  〜良い加減のススメ〜

<自然に学ぶ音楽 x 数学> 〜良い加減のススメ〜ピアニスト・高橋望、数理物理学者・西成活裕が、自然に学ぶ音楽と数学についてのクロスオーバートークを展開します。ファシリテーターは、アルバトロス・クラブ代表の拓海広志。クロストークの前後には、高橋望のピアノソロ演奏の時間もたっぷり取っています。演奏曲はこの日のテーマに合わせ、J.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集より。人類が音楽と数学を通して読み解こうとし...

ドイツ紀行その10 ライプツィヒとバッハ

ライプツィヒは、バッハが27年間住んだ街です。ここで、音楽監督および聖トーマス教会カントールを務めました。写真は聖トーマス教会とバッハ像。ライプツィヒの市庁舎。バッハの聖トーマス教会カントールの任命書が手渡された場所です。聖トーマス教会の斜め前のレストランで頂いたビール『ライプツィガー』〈聖トーマス教会のそばの醸造元〉とあります。 いわゆる旧バッハ像。メンデルスゾーン・バッハ像とも言われています。18...

ドイツ紀行その9 ライプツィヒで聴いたコンサート

ライプツィヒでは、3つのコンサートを聴きました。最初に聴いたのは、ヴァイオリンのイザベル・ファウストとチェンバロのクリスティアン・ベズイデンホウトの演奏会。動物園に接したコングレスハレで行われました。建物内にはいくつかのホールがありますが、コンサートは<白のホール>と呼ばれる美しいホールで行われました。ヴァイオリンとチェンバロのソナタト長調で、イザベル・ファウストとクリスティアン・ベズイデンホウトが...